新グルメ!中国料理「油湯」のご紹介~その2~

前回記事では『油湯』の概要や、
ランチメニューのご案内をさせていただきました。

2回目の今回は、
ディナーの内容や料理人のご紹介、ご予約の仕方、利用方法…etc

さらに気になるところを深堀していきましょう!

まずは、朝食について。

実は、『油湯』では朝食営業もしております。
改装前と同様、バイキング形式の朝食です。

以前は、和食中心のメニューでしたが、
今回『油湯』オープンにあわせて、内容もガラリと変わりました。
和・洋・中バリエーション豊富なお料理からお取りいただけます。

営業時間          6:30~9:00
大人       1,280円(税別)
4歳~小学6年生    880円(税別)

※ご予約なしで朝食のみのご利用も可能です。(外部のお客様もウェルカム!)

シェフ手づくりのお料理を、
朝からボリュームたっぷり食べられて人気の朝食です。

朝食付のお得な宿泊プランは、WEB限定で販売中。
HPから予約するのが一番安くておススメ!

さて、朝食のつぎは
『油湯』ディナーメニューのご紹介です。

メニューを制作する際、中国料理を初めて食べる方でも
「どれを頼めばいいの?」
「結局どれがおススメなの?」がわかりやすいメニューを目指し、作りました!

こちらをご覧くださいませ。

「お店のイチオシ」「料理長推薦のお料理」が特に目立つように構成されています。
メニュー選びに迷った時は、これを思い出してみてくださいネ。

■注文のポイント■

アラカルトからお好きなものをオーダーするのも良いけれど、
コース料理にして頂くほうが、実はコスパ◎なのです。

“前菜からはじまり、色々なお料理を、丁度良い量食べられる” とのことで、断然おトク。

また、コースメニューは季節ごとに変わります。
2か月ペースでアレンジ予定ですので、
来るたびに新しいお味に出会えるのも楽しみ!
※コース料理ご予約のお客様は、優先的に個室をご案内いたしております。

さて、お次はその素敵なお味を作っている
料理人にスポットを当ててみましょう!

この度『油湯』中国料理長に就任した髙井毅(たかいたけし)です。

1986年、オークラホテル新潟(現ホテルオークラ新潟)入社。
中国料理「桃源」(現「桃花林」)にて、料理人のスタートを切る。
1990年、全日空ホテル金沢(現ANAクラウンプラザホテル金沢)にて
中国料理「花梨」の開業に携わり、中堅として腕を奮う。
2019年10月、テルメ金沢中国料理『油湯』に就任いたしました。

料理長をはじめとし、『油湯』はホテル出身の調理人で構成されております。
技術顧問には、赤坂プリンスホテルや東京プリンスホテルパークタワーで料理長を務めた中澤氏を招き、
文字通り、一流の料理人が県内外から集まっております。

ホテルの味を低価格で食べられるお店、
それが『油湯』です。

では、
最後にご予約の仕方について。

油湯には、直通番号がありません。
テルメ金沢の代表番号076-269-2211にて、予約係が対応いたします。

お電話口で「油湯の予約をしたい」との旨をお伝えいただき、ご予約承ります。

テルメ金沢=お風呂屋さんですが、
今回の中国料理『油湯』は、お風呂を利用せずに
お食事だけにお越しいただくお客様もたくさんいらっしゃいます。

ビジネスマンがご飯をかきこむ姿、
奥様方がランチコースをゆっくり楽しんだり、
会社の同期や仲間たちとの飲み会、恋人同士のディナー、
もちろん、テルメ館内着でゆっくり中華グルメも大いに有り!
気負わずに、気軽に、ぜひ一度お越しくださいませ。

今回も最後までお読みいただき、どうもありがとうございます!



[こちらも一緒に読まれています]

新グルメ!中国料理「油湯」のご紹介~その2~