テルメ金沢 薬湯入浴剤スケジュール2017.5月

こんにちわ~、テルちゃんです(^^)




テルちゃん




4月の最終日無茶苦茶暖かかった~(汗)明日は一気に気温が下がるみたいですね~。寒暖の差が激しいと体調も崩しやすいので気をつけて下さいね!




スポンサーリンク





今回は、薬湯入浴剤スケジュールです。

薬湯入浴剤スケジュール2017.5

yakutou_2017.5

今回は、公衆浴場の基本マナーを紹介します。

入浴時のマナー編

かけ湯をしっかりと!

湯船に入る前は腰周りを中心にしっかり、かけ湯をしましょう。
周りの人から結構見られているものです。
お風呂のお湯が汚れないように!
入浴温度に身体がびっくりしないようにする意味もあります。

長い髪はまとめて湯船に浸からないように!

肩より長い髪は次のいずれか選択
1.ゴム等でまとめる
2.タオルでキュッと巻く
3.シャワーキャップをかぶる
湯船に髪が落ちたり、ついていたホコリやフケが入って不衛生です。
もちろん潜ったり、注湯口で頭を流す行為も良くないです。

浴槽内で身体をこすらないで!

みんなで入る湯の中で垢すりをしちゃ駄目ですね。
身体の汚れは落としてから湯船に入ろう!
お湯が汚れ、不潔感をおぼえた周囲の皆様に不快感を与えます
ちなみに身体の垢を落とす場所は「洗い場」です。化粧も落とそう。

タオルを湯船に入れないで!

身体に巻いて入るなど浴槽内にタオルをつけるのは駄目です。
湯が行き来する湯淵に置くのも同じことです。
一見きれいなタオルでも雑菌はついています。湯が汚れてしまいます。

湯あたりに注意して下さい!

湯あたりは温泉成分で肌がかぶれることではなく、脱水症状に陥る事故。
一気に長湯せず休憩や給水を挟んで下さい。
特に飲酒後は脱水しやすいので入浴を控えましょう。
肌が強くても関係ありません。早め早めの水分補給をして下さい。

サウナは身体を拭いてから入るべし!

ずぶ濡れのまま入ると、敷きマットが濡れちゃいます。
しぼったタオルで水分を拭き取ってからお入り下さい。
サウナに限らず、ちょっとした気配りで次に使う人が気持ちよく。
濡れたマットは汗を流す場所なだけに気になるものです。

かいた汗は流してから浴槽に入って下さい!

どっさりかいた汗、開いた毛穴をキュッとひきしめる水風呂ですが、その前に!
シャワーや掛け湯掛け水をして下さい。
他人から見れば、他人の老廃物やはがれた角質が入った汗なんです。

入浴するにしても、皆が使用する公共の温泉。その施設のルールと基本マナーをしっかり把握し、守って気持ちよく入浴しましょう。

皆様のご協力宜しくお願い致します(^^)




スポンサーリンク






[こちらも一緒に読まれています]

テルメ金沢 薬湯入浴剤スケジュール2017.5月