12月の入浴剤スケジュール&高濃度炭酸泉

12月「薬湯」の入浴剤スケジュールです。

12月

12月に入り、一段と寒くなってきまして、自然とお客様も増えて来ました。
テルメ金沢 リフレッシュ工事もほぼ終了して、館内綺麗になってお客様をお迎え致します。

スポンサーリンク

薬湯も根強く人気がある浴槽ですが、今回のリフレッシュ工事で、特に良かったのは、「高濃度炭酸泉」の浴槽を作り、お客様からは、大好評を頂いております。

テルメ金沢の「高濃度炭酸泉」は、その名の通り「高濃度」なので、泡(気泡)が非常に細かい!!

浸かってすぐに泡が体に付くのではなくて、2~3分したら、細かーーーい泡がつき始めて、泡がドッキングして、少しづつ大きくなってゆきます。

何を言いたいかといいますと、泡が細かいということは、炭酸がお湯にしっかり浸透しているということなのです。泡というのは、お湯に溶け込むことが出来なかった炭酸が、外へ逃げてしまうということなのです。極論をいうと、泡がつかないほうが良いということになります。

tansansenuekara

本当に10分から15分浸かっていただくと、体がぽかぽかになって、湯冷めもしにくいので、一度試して見て下さい。

テルメ金沢は自信を持って、「高濃度炭酸泉」を推奨します!!



[こちらも一緒に読まれています]

12月の入浴剤スケジュール&高濃度炭酸泉