テルメ金沢で働くスタッフの声 レストラン「ねまる」 西村 恵理

テルメも私も、24時間元気です。

西村さま「改」
西インター テルメ金沢
レストラン「ねまる」 西村 恵理
出身校:七尾市立香島中学校、石川県立七尾東雲高等学校

仕事+遊び=楽しさ200%
私の職場はテルメの食事処「ねまる」です。仕事時間は不規則ですし、目が回るように忙しくて寮に帰るのが遅くなる日もあります。でも私はもともと忙しく動いているのが好きですし、テルメの場合は「仕事仲間=友達」なので、辛いなんて思ったことは全然ありません。仕事が終わった後やお休みの日はみんなで遊びに行きますし、仕事もプライベートも目いっぱい楽しんでます!

高校時代はホテル業界に憧れていた私ですが、就職活動で実際に職場を見学させてもらうと、なんとなく張り詰めた空気があって、私の性格には合わないかも・・・と感じました。

一方テルメは、地元のお客様で賑わうアットホームな雰囲気に安心しました。働いている人達も楽しそうで、なんだかワクワクした気持ちになりました。直感的に、ここで働きたいと思ったんです。

喜びが返ってくる仕事
誰も信じてくれませんが、それまでの私はすごく人見知りするタイプだったんです。でも接客の仕事に就いたんですからそんなこと言ってられませんよね。気がついたら逆に「よくしゃべるね」とお客様にからかわれるくらい(^O^)。人ってこんなにも変わるもんなんですね。

二年経って少し余裕もできて、自分らしい接客ができるようになりました。私が心がけていることは、とにかくお客様に「いい気持ち」になってもらうこと。お茶がぬるくなる前に取り替えたり、常連さんの好みを覚えて、頼まれる前におすすめしたり。お客様に喜んでもらえると、それが自分の喜びになって返ってくるんです。

最近は友達とご飯を食べに行っても、そのお店の接客を見ちゃいますね。三年目のこれからは、先輩に甘えず自分で臨機応変に物事を判断できるようになりたいです。

西村さま2kai

引きずらない、落ち込まない
いくらテルメが楽しい職場でも、ときには失敗をして上司に怒られることもあります。注意されたことはもちろん素直に受け止めますが、私はヘコんだ気持ちを翌日に引きずらないようにしています。落ち込んで、いつまでもクヨクヨしていたんじゃ何も解決しませんからね。反省したことは行動で示します!これって私の特技なのかな?

この取材を受けたのが、2010年4月20日のことです。あれから3年以上の月日が経って、現在、所属部署は、レストランとはかけ離れた、フロント部にいます。責任感が強く、時に反発してくるくらい、仕事にプライドを持ち、自分に責任を持ってフロントで活躍しています。フロント部の部署長からすれば、頼りがいのある部下に成長しています。これからも、あなたのパワーをテルメ金沢に注入し続けてください。

スポンサーリンク



[こちらも一緒に読まれています]

テルメ金沢で働くスタッフの声 レストラン「ねまる」 西村 恵理